プロ意識ですわ。。

今朝は朝一プロ意識を垣間見ました。

私は昨日契約したお客様の捺印漏れのミスがあり、

今朝、早朝に鎌ケ谷にあるファイターズの寮へ。

 

 

 

 

誰もいないはずのグランドで一人ランニングする選手が。。。

 

 

 

弊社でサポートさせて頂いた鍵谷陽平投手。

 

 

鍵谷さんとは、物件案内をさせて頂くプライベートな部分でのお付き合いをさせて頂きましたが、

 

お仕事をしている姿を、また黙々と練習に取り組む姿勢をこうしてみるのは初めてで、

何だか更に応援したくなります。

 

 

プロ意識の高い方だなと本当に思います。

 

俺は捺印漏れミスしてる場合ではないな。。。

 

 

 

 

東京ヤクルトスワローズ『由規』投手 #21

2016年7月9日、由規投手の右肩故障による5年ぶりの1軍復帰登板戦。

 

 

私は彼が約5年もの間、右肩痛でもがき苦しんだ日々の一部の時間を共有させて頂きました。

 

不動産屋として彼と2012年に知り合い、サポートをさせて頂き、また私が個人的に企画したチャリティ野球教室では私の故郷大分に2年連続でご参加くださいました。

 

彼の人間性の素晴らしさは有名ですが、近くに居るとそれは人柄と共に伝わってきます。

 

 

 

今から約2年程さかのぼりますが、2016年7月9日の記念すべき神宮球場での復帰試合の前夜に、彼のお父さんから電話を頂きました。

 

『辻本君、ようやくこの日を迎えられるよ。我々が辛いときに支えてくれて本当にありがとうな』

電話越しにお互い高ぶるものを感じた記憶があります。

 

 

お父さんからはそうは言っていただきましたが、正直なところ、支えて頂いたのは私の方なんですけどね。

チャリティ野球教室の際もその名の通りチャリティなので由規さんは『ノーギャラ』です。

普通、プロ野球選手は大事なオフの期間ノーギャラの企画で大分まで行きませんよ。

しかも、大分の野球少年たちの為に沢山のグッズをお父さんに多数無料提供して頂いたりと、、、

【チャリティ野球教室の様子】http://s-limit.co.jp/charity/

 

 

お父さんは最後にこうも言ってくれました。

 

『我々が辛いときにお世話になった方々を明日の試合にご招待するので、辻本ファミリーにもぜひ来てほしい』と、そう言ってくださったのです。

 

それはもう感動ものだし、お父さんや佐藤家の皆さんの人間力の高さを痛感しますよね。

 

 

人として、お父さんの行動は非常に勉強になりましたし、更に僕に出来るサポートがあれば精一杯させて頂きたいと、そう強く思いますよね。

 

 

そんな素敵な佐藤家の皆さんとのストーリーはまだ沢山ありますが、本当に感謝でしかありません。

 

 

東京ヤクルトスワローズ、由規投手の応援、野球好きでない方も、是非ひいき目にして頂けると嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本ハムファイターズ 杉谷拳士さんの神対応#20

先日、仕事の延長で東京ドームに行ってきました。

と言っても不動産屋として。

 

ありがたい事に、よく野球関係やその他幅広く仕事をしていると勘違いして頂くのですが、私はそんな器用でイケてる男ではありません(笑)

私の仕事は不動産屋です。

 

 

というわけで、ドームに行った際に久しぶりにお会いできた方々が複数居ましたので、日替わりでご紹介と言いますか、順番に綴りたいと思います。

 

 

 

 

まずは『杉谷拳士さん』

 

 

 

 

過去に不動産仲介及び引越し作業までをサポートさせて頂いたのですが、

関わらせて頂く中で、私が見た杉谷拳士さんの

 

 

 

『神対応』

 

 

 

それを今日は伝えたいと思います。

 

 

 

 

 

それは、自分が杉谷拳士さんの引っ越し作業(搬出)をしている時の出来事でした。

 

 

今まで住んでたマンションの管理人のオジさんに『今日が最後だから』と

 

杉谷拳士さんがサインを求められた時の杉谷さんの対応が『神対応』だったのです。

 

 

 

 

 

 

管理人のオジさんは、わざわざ部屋に来てサインが欲しいと言うものの、手にはペンも紙も見当たらないんですね。。

 

普通、サインが欲しければ色紙やマジックは持参でサイン依頼すると思うんですね。

 

おじさんはそれらが無いのに『依頼』だけをしてきたのです。

もしかしたらオジさんなりに気を使い、まずは承諾だけ得に来たのかもしれませんが、、、

 

言い方的には前者かな。。

 

 

 

 

 

サインを求められ、それらが無ければサインする側も正直困りますよね⁉(笑)

 

 

 

 

サイン書く側の厳しい意見で言っちゃうと、引っ越しでドタバタしているタイミングにサイン依頼って。。

しかも色紙やペン無しって。。。

 

 

 

これは流石に杉谷さんも怒るだろうな。。。

なんてヒヤヒヤしてると、杉谷さんどうしたと思います?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさかの、コンビニに向かい走りだしました。

 

 

 

そしてまさかの、、

 

 

 

 

 

色紙を自ら購入しちゃいました。

 

 

 

そんな事ある??(笑)

 

 

 

 

 

 

 

快く対応するのは勿論、色紙まで自ら購入してプレゼントするなんて。。。

杉谷拳士選手の人気たる所以は、こういう事でしょうね。

 

 

 

 

医療型障害児入所施設『カルガモの家』訪問  #19

本日、埼玉西武ライオンズの 『炭谷銀仁朗選手』と 『武隈祥太選手』の2選手が、『カルガモの家』を訪問しました。

 

 

 

 

炭谷銀二朗選手の発案で昨年より続けている事ですが、

交流を深める事により、

難病と闘う子供達はもちろん、その親御さんや病院関係者の方々に勇気や活力を与えられたと思います。

そして、選手自身も皆さんからパワーを頂いたと思います。

 

 

本当に素晴らしい行動です。

 

 

もしよかったら以下詳細見てください。

 

【Yahooニュース】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180507-00201664-nksports-base

 

 

 

 

 

 

 

 

契約in 神宮球場 滞在時間30分 #18

昨日、契約の為久しぶりに神宮球場へ行きました。

 

中々会えてないメンバーにも会えて、ご挨拶する事が出来ました。

 

ただ試合観戦したいのに、試合開始前には撤収し次の現場へ。。。

 

 

 

 

 

GW、皆さんは息抜き出来てますでしょうか?

 

 

 

 

私自身、趣味がこれと言って無く。

息抜きという息抜きもこれと言って必要無く、

お客さんから必要とされ動き回っている方が充実感があるようです。

 

 

つくづく面白くない男だと自分でも思いますが、

株式会社S・Limitの会社理念『必要とされお役に立ってなんぼ』。

どんなに小さな事でも必死に対応し、それを継続していたら、見えてくる世界が徐々に変化してくるんですね。

 

だから今の仕事は本当に楽しい!

 

不動産というアイテムを使い、今後も大切な人のお役に立てるよう、そして『信頼』を得られるよう全力で動き回りたいと思います。

 

 

今月から正式に新人が加入しますが、この理念に共感できる仲間をS・Limitは随時募集します。

 

話がそれちゃいましたが、皆さんGW、事故にはくれぐれも気を付けて頂き、大切な時間をお過ごしください。

 

 

 

 

 

 

ハーフモデル 春菜メロディーさん #17

先日、現在モデルで活躍中の『春菜メロディーさん』のお引越し作業をサポートさせて頂きました。

 

【春菜メロディーさんインスタグラム】

https://www.instagram.com/adesso.melody/?hl=ja

 

 

これで4回目ですが、頼って頂けてホントありがたいです。

 

 

不動産屋の作業が完結し、いざ引越し作業に移行すると,

単身の方の場合は基本、私一人で作業を行います。

 

春菜さんとは、以前引越しのトラックに相乗りし、移動中にお互いの仕事への取組み方を熱く語った事もありました。

とても真面目でしっかりしてる子だなぁ~という印象は出会った4年位前から今も変わらずです。

 

性格が良いので、本当に心から応援したくなる子です。

 

 

今後も春菜さんを陰ながらですが応援したいと思います。

春菜さん新生活enjoyして下さいねー!

 

 

 

 

 

Giants  裏方 小野淳平  #16

今日は 小野淳平 君と、さしでご飯に行ってきました。

7年前にサポートをさせて頂いたのをきっかけに、現在までに計6回も弊社をご利用いただいた常連さんです!!

 

 

 

そんな 小野淳平君 、昨年限りで引退し、今は裏方業1年目。

 

 

 

先輩方に支えられ、時には怒られるそうですが、選手時代に比べ更に人間として成長を感じました。

 

元々凄く人間力の高い子で、僕も彼から沢山の事を学びました。

 

 

 

 

6コも歳が下で、しかも高校の野球部の後輩でもあるという淳平君にリスペクトしてるという先輩な自分ですが...

 

 

 

 

淳平君曰く、『先輩の長野久義さんはじめ沢山の先輩方に教えて頂きました』との事。

 

 

いつも謙虚で感謝の気持ちを忘れない淳平。

 

 

一般社会で生きる自分からすると、『心の持ち方』そして特に

『人とのかかわり方』が淳平は即戦力なんですね。

というか一流です。

 

 

 

だから現職で一流の裏方には当然なるだろうし、これはあくまで自分の思いでしかありませんが、一般社会という同じ土俵で彼と関わってみたい。

 

平たく言うと、必ず彼をヘッドハンティングします(笑)

 

 

会社の新人教育や広報部にはうってつけの人材。

 

 

 

彼の今後の活躍が心から楽しみです。

もし球場で彼を見かけたら『いい奴』なんで応援してやってください。

 

 

 

 

 

 

救命救急センター #15

齋藤倫子さん

 

(東京女子医大 救命救急センター 医局長)

 

 

 

 

約5年前に友人の紹介で知り合い、今ではご兄弟のサポートもさせて頂く私の大切な仲間です。

 

 

今日は日々忙しくしている齋藤先生の『契約を行う為』、職場でもある東京女子医大の救急外来センターへ。

 

 

 

 

アポイント時間は 23:00でしたが、患者さんの受け入れが立て込み、

私はしばらく救急外来の受付傍で待つことに。

 

 

 

その間、齋藤先生の仕事ぶりを拝見出来たので、少し綴ります。

 

 

 

 

 

 

まずその前に。。。

 

 

私はお客様の、物件案内時に見る事の出来ない

『仕事の顔』を見る事が好きなんです。

 

 

 

何故かというと、どんな職種、立場の方でも仕事に取り組む姿勢は本当に皆さん輝いてるんですね。

 

 

 

自分自身、若かりし貧乏時代も必死に働いたし、

今でも必死。勿論今後も必死に働くでしょう。

 

 

立場に関係なく『必死に働く人』の少しでも支えになれるようS・Limitはサポートをしたい。

 

 

 

 

齋藤さんの、人の命を救うお仕事を拝見する事が出来ましたが、

 

今の不動産屋の自分の立場では、『人の命は絶対に救えません』

 

人の命を救う事の出来る『齋藤先生』はホント凄いしカッコイイ。

 

 

【齋藤先生の活躍のシーンは51:25より】

是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

埼玉西武ライオンズ 炭谷銀仁朗という男     #14

 

【炭谷銀仁朗選手】

プロ野球12球団 労働組合 日本プロ野球選手会 第9代会長。

 

 

 

先日仙台遠征の為、一緒に東京駅へ。

 

銀さんに出会い、かれこれ7年のお付き合いです。

勿論きっかけは不動産のサポートでした。

 

 

 

 

ここ数年は野球以外の相談を受ける事が多く、

いつも打ち合わせは、『おしゃれカフェ』で、

と言いたいとこですが...

2人のキャラ通り『昭和風喫茶店』での打ち合わせがメイン。

 

 

でもこの日はシーズン中で忙しい銀さんなので、

移動中の車内で打ち合わせを行いました。

 

議題は社会貢献活動。

 

今、炭谷さんは私の独立リーグの後輩を『運転手』として雇用をして下さっています。

 

 

正直、雇用主の立場からすると、

30歳手前まで野球しかしてなく、社会知識が全くない人間を雇用する事はギャンブルなんです。

これは私も経験済みなんでハッキリ断言します。

ギャンブルなんです。

 

 

しかもプロの世界に行き、何かを成し遂げた人間はまだ良いです。

独立リーグ上がりの中途半端で成し遂げられてないタイプに限って鼻が伸びてます。

(勿論、私も鼻が伸びてましたので周りの皆さんに『バキッ』と折って頂きました。)

 

 

 

 

しかし炭谷さんは、私にこう断言しました。

 

『ギャンブルかもしれんけど、その人間を変えたったら良いんでしょ。』

 

 

以上でしたね。

 

 

炭谷銀仁朗という人間はこんな男気のある男なんです。

 

 

 

 

そして、私の独立リーグの後輩に、こうも理解を示してくれました。

 

雇い入れた子が、この先運転手しかできないのは酷。

そう教育をするのではなく、

運転手をしながらその他の社会経験を積んでスキルアップしてほしい。

 

 

まさに『的を得た考え』とはこういう事でしょう。

 

 

 

では、『私に出来る事は何か?』を考えたとき、

私が『周りの大切な方々から頂いた、スキルや思考』を活かし

独立リーグの後輩と一緒に私も成長をしなければいけないと思いました。

 

まずは炭谷銀仁朗選手の運転手を優先に業務遂行してもらい、

空き時間は私の会社とも関わり、色んな事を学んでもらいます。

そして私も学びます。

 

そして最終的には、将来、炭谷銀仁朗選手も困る時が必ずやってきます。

 

その時に運転手の後輩が、

炭谷さんに『キラーパス』を出せる人間になっていれば最高じゃないですか。

私も『楽ではない選択』をしましたが、これからの楽しみができました。

 

 

 

 

 

 

 

ルートインBCリーグ幹部の皆さんと #13

 

昨夜、またまたやってきました。

弊社顧客のお店『コンロ家代々木店さん』

 

 

 

先日開幕した独立リーグ、

『ルートインBCリーグ』を運営する皆さんと!

リーグ代表の村山哲二氏(写真右端)

事業本部長の小松原鉄平氏(写真左から2番目)

同リーグの元幹部で、現在は会社経営の味方健二郎氏(写真左端)

 

たった2007年の1シーズンでリーグを退団した私が、
村山代表はじめ、皆さんと関わるようになった
その経緯を今日は少し綴りたいと思います。

 

 

 

 

 

確か2015年だったと思います。

私は以前所属した富山サンダーバーズというチームに

 

『あるもの』を持って出向いたことが『きっかけ』でした。

 

 

 

 

まずその『あるもの』とは、、、

 

 

 

 

 

 

 

写真下部に写る、NPBの選手に頂いた『野球道具』です。

 

 

弊社顧客で、当時ヤクルトスワローズだった増渕竜義選手や川島慶三選手、上田剛史選手に頂いたものをお届けしました。

 

 

独立リーグの選手にとってNPBのおさがりは ” お宝 ” なんです。

私の後輩たちに提供してくれたNPBの選手の方々にはホントに感謝です。

 

 

 

 これが『きっかけ』で

8年ぶりにバッタリ再会したのが、

 

 

 

『味方健二郎さん』

 

 

その味方さんは、

私が2007年に在籍した際もそうですし、

偶然お会いしたこの時もそうですが、

いつも全力で働く裏方さんなんです。

 

 

 

『いつも全力で、抜群なお人柄の味方健二郎さん』

 

こんなスーパー裏方さんが居たから、私は『おなかいっぱい』野球をし終える事が出来ました。

 

 

味方さんはじめ、リーグ運営に携わるすべての人に形で恩返しをしなきゃ筋でないと思い、私はルートインBCリーグのスポンサー企業として参加させて頂きました。

正直、ウチみたいな小さい会社からすればスポンサー料は大金です。でも、自分自身『選手』として大した活躍をしてないにも関わらずお給料をもらった事への『申し訳ない気持ち』と、味方さんをはじめリーグ関係者の支えになるのなら、むしろお支払いするべきお金と私は考えました。

 

これを機に、村山代表とも再会出来まして、OB会発足の件や、リーグ運営事務所の移転やご自宅の引っ越しのサポートで、私を必要としてくださいました。

 

 

 

顧客でもあるNPBの選手の方々に頂いた野球道具を後輩たちに届けたのが『きっかけ』で、味方さんや村山代表に再会する事が出来たというわけです。

 

 

 

最後になりますが、昨夜の食事会で凄く共感できるお話がありました。

 

それは、

 

 

『ルートインBCリーグはNPBに選手を送る事はメインで考えてなく、一番はこのリーグを通じて人間力をあげて社会に出てほしい』

 

この思考マジで最高です!

 

 

 

野球界を離れ、社会にでれば野球好きな人なんてごく一部。

その社会の本質をしっかり分かってる方々がリーグ幹部にいる事が嬉しい。

 

だからこそOBとしてそんなリーグを見守り、私に出来るサポートはしていきたいと思います。